占いを学ぶ

19 7月

私が趣味を活かすため普通の会社員から占い師になった方法

私は占い師をしていますが、どうやってその職業に就いたか尋ねられる事があります。私は元々占いに興味があり、子供の頃から占い雑誌を読んだり、タロットもしていました。さらには、姓名判断や手相なども自分で学ぶようになりました。その後、普通に学生から会社員へ進みましたが、やはり趣味を職業にしたいと思い、占い師になる方法を探しました。
私はまず短期の占い教室に行き、そこで占い師になる方法を聞きました。すると占いの学校があるという話を聞き、その学校に詳細を聞き、予算内だったので入学する事にしました。それからその学校独自の資格を取得し、まずは小さな占い施設の受付として働き始めました。そこでも勉強を続け、しばらくして週1回占い師をしてみないか、と言われた事が占い師になるきっかけです。それから徐々に顧客が増え、週休2日制で働くようになったわけです。もしこの職業を目指しているなら、まずは学校に入学し、信頼と経歴を増やす事をおすすめします。
占いの学校がいくつもあって分からないと言う人は、いろいろ調べてみると良いと思います。私が候補にしたのは、恵比寿にある大きな占い学校と、新宿の手相占い教室。あとは、カルチャーセンターで四柱推命を教えてくれるところもあるそうです。

オーラソーマという占いの学校へ行きました

オーラソーマというのは、104本の2層からなるボトルを3本選んで、その時の心理状態や将来どう生きて行けばいいかというのを伝える占いで、オーラソーマの判定士いわゆる占い師を養成する学校は多々あります。
私は、一度家の近所にオーラソーマの占いをしているという方がいらしたので、ものは試しに、占ってもらうことにしました。なんだか怪しい雰囲気の中、早く帰りたいと思ったのですが、言われることが全て当たっていて、自分も副業にオーラソーマを勉強したいと思い、教えてもらう学校を探して入学しました。レベル1からレベル3まであって、それぞれ受講料がだいたい17万円で、やっと資格をもらえたと思ったら、オーラソーマに使うボトルを買わなければならず、フルセットで23万円かかりました。実際に自宅で始めたのですが、全くお客様は来ず廃業しました。カラーセラピー系は資格は結構簡単に取れるのですが、案外あまり有名ではありませんし、儲からないです。普通にタロットとかできたほうがいいかもしれません。